思いがけず「乳がん」になりました


2011年2月 33才の妊娠中にトリプルネガティブ乳がん発覚。1才3才息子達と、大型犬・うさぎと4人+2匹家族です。抗がん剤→出産→抗がん剤(腫瘍内出血)→手術→ホルモン治療→転移発覚→抗がん剤治療中。
by boo-koro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

誰だって「私はなるはずない」って思うのです

手術が終わって、ホルモン治療に入ると
一気に乳がんのことなんて忘れてしまう位
普通に生活してます。

いや、薬を飲み忘れて副作用が出てないから言えること
なのかもしれませんが・・・

という訳で、すっかり子育ての日常を送ってます。
友達とランチをしたり、
子ども1が風邪ひいたり、
保育園へ保育参観へ行ったり、
子ども2が風邪ひいたり、
まとめて風邪ひいたり、、、

まぁ、覚悟はしてましたけど
風邪っぴきな子どもたちです。
おかげで、Pink Ringの最終回は参加できず。
連絡先交換とかしたかったのに、残念。。


先日、とある方(男性)に乳がんのことを話しました。
「奥さんも検査とか気を付けた方がいいですよ~」
と言いながら。
男性に話す時は、いつもそんなことを言うのですが、、、
で、その方と1週間後に話をしたら、
「帰ってすぐに言いましたよ。で、すぐ検査に行けっていいました。
でも、なんだか変な自信があって、「私は大丈夫。なるはずない」って
言ってきかないんですよね。なので、ボクが色々検査とか調べちゃいましたよ。」って。

うんうん、奥さんの言う事良く分かる。
私だって、自信ありましたよ。
妊娠して出産したし、授乳してたし、
家系にいないし。
そんな肉食じゃないし。
食生活、気を付けていた方だし。
1年前の長男授乳時には、しこりなんて
全く無かったし。

ま、そんなに親しい訳ではないので、
「私もそう思ってたんですけどね~」
くらいでやめましたが、やっぱりみんなそうだよなぁ
と改めて実感しました。

反対に、私の周囲の知り合い達は
私の件で、すぐに検査をしたりしてます。
やっぱり、身近におきないと危機感感じないよね。
人間だものね。

誰だって、「私はなるはずがないわー」と思うのですよね。
「私は絶対になるわ!」とまでいかずとも、
「ガン家系だから気を付けている」位はあるでしょうけど・・・

なってしまったことは仕方無いけど、
自分がこうなったからには、周りには
気を付けてほしいなぁ、特に妊娠中・授乳中・子育て中のママさんたち、
油断しないで欲しいなぁと思うのでした。
余計なお世話かな~


ランキング参加してみました♪

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-11-21 14:01 | 術後の日々

通院日 頭痛は副作用?

ホルモン治療薬のお試し期間1ヵ月が過ぎ、
火曜日に病院へ行ってきました。

実は、その前々日の日曜日に
激しい激しい頭痛があったのです。
偏頭痛もちで、生理前は頭痛があるわたし。
頭痛は慣れっこですが、今まで経験した痛みより
はるかにひどい!
まさか、脳の病気!?
そういや、私はガン家系じゃなく、脳の病気が多い家系。
あとは血液関係。
最近、ガン一色だったけど、元々はそっちが心配だったんだっけ。
まさか、まさか!?

って、ボルタレン飲んで、冷えピタして寝てみたら
翌日にはスッキリしてました。
ま、いつもより激しい偏頭痛だったのかな?
(ビリっこは冷えピタした私に「痛いの~だいじょぶ?」と言いながら
添い寝してくれました(笑)

とは言え、ホルモン剤の副作用で頭痛があって、
それがひどいようなら、ホルモン治療中止もあり得たので、
火曜日の診察は少しドキドキ。

副作用での頭痛の場合、連続した頭痛になるらしいので、
私のは違うようです。
あー良かった~

というわけで、無事に診察終わり。
次は3月です。
あんなに病院通いばかりだったのに、
4ヵ月もあくなんて。
先生に会えなくて淋しい!?
いや、病院が疎遠になること程嬉しいことはない!


先生に「薬、飲み忘れちゃうんですよね~」と言ったら
「忘れちゃうかー。これから習慣化だね」と
優しく言って下さいました。
怒られるより優しく言われた方が効きます・・・
って、自分もそうか~
今朝もビリっこに怒って
「おかあさんがぶったー」と泣いてました。
いや、ぶってはないんだけど・・・
でも、少し反省な私に応援クリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-11-17 15:01 | 術後の日々

5ヵ月 次男坊のはなし

抗がん剤と共に戦ってきた次男坊、
(妊娠中に抗がん剤治療をしたので)
無事に5ヵ月を迎えました。

生後間もなく熱を出し入院し、
小さな小さな手に点滴やら
心電図やら、脈をはかる機械やら
たくさんつながれ、髄液までとられた次男坊。

あげくのはてに、心臓に雑音・穴があいているなんて。

その後、私が2度も入院することになり、
私の母がみてたり、夫の母親がみたり、
あっちに行ったり、こっちに行ったりを繰り返してました。

それがようやく自宅へ戻って、約3週間。
次男坊もやっと落ち着いたかな?

生まれて早々に、いや、生まれる前からだけど
色々乗り越えてきましたね。

d0222067_041932.jpg


次男坊は、よく寝て、
よく飲んで、
よく笑います。
ミルクだからか、夜中起きることもなくとても楽ちん。
ミルクすごい!!と日々感動です。

今日とった写真はコレ。
d0222067_0443950.jpg

あ、頭がとっても大きいですが、
コレは抗がん剤関係ないですので~
ビリっこもとぉっても!大きかったです。
はい、遺伝です(笑)

このうさぎさんバスローブを着せると、
ビリっこが「ボクも~」とねだってうるさいので
着させてみました。

d0222067_047221.jpg


・・・ボクサーみたいですね。

ユメさんありがとうございます!

ただいま寝返り覚えたててで、ぐるんぐるん回っては
起きれない~と泣いてばかりいる次男坊。
それにつきあって何も出来ない私に応援クリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-11-14 23:34 | 子育て

病気と2才児

先週金曜日は
『Pink Ring』(病院主催の若年性乳がん患者の集まり)でした。

妊娠と出産がテーマで、
皆さん考えはさまざま。
相変わらず、能天気に
「3人目も欲しいです~」
などと言い放ったわたし・・・
やっぱり場違い~!?

そこで、子どもがいつから病気のことを
知るか、のような話題があがりました。
精神腫瘍科の先生がおっしゃるには
「2才」から何となく分かるそうです。

私の場合、同時再建だから手術をしても
胸に膨らみはあるし、その部分(傷)にビリっこが
何か反応するって無かったから
おっぱいがどうこうっていうのは意識して無いと
思ってました。
が、その頃から私に限らず、ばあちゃんやお父さんに
「おっぱい」と言う事が増えていたビリっこ。
先生曰く、それも無関係じゃないらしいです。

何かしら分かっているんだねー

確かに、「こっちはイタイイタイ」と左腕をさしたり、
「おかあさんは抱っこダメね」と夫にしか抱っこをねだらなかったり。

で、極めつけは、乗り物の絵本で
救急車のベッドに人が横たわっているのを見て
「おかあさん」
と言います。
もちろん、そんな事言ったことないし、
乳がんになってから救急車のお世話にはなってないし、
乳がん手術の日もビリっこは私の姿をみてないし・・・

ちなみに、ビリっこ妊娠時には
救急車のお世話になりました。
新宿駅で電車を待っている時に気を失い倒れてしまい。
(原因不明)
まだお腹の中だしなぁ。

d0222067_0283415.jpg

そんなことより、乗ってる方が楽しいね
(消防署公開イベントへ参加 『みみとしっぽ』別blogにて)



ランキング参加してみました♪

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-11-14 00:10 | 家族のこと

先生は1人じゃない

病院の選択って、セカオピしたり転院したり、
人それぞれですよね。

私も、セカオピをして今の病院に辿りつきました。
詳しくは「S病院治療方針」で。

自分が選んだ病院で満足しているか、
その主治医で満足しているか、
治療が進んで手術も終わると、もうどうでもよいというか、
あまり深く考えることはありませんでした。

でも、私の場合主治医に関してはちょっと複雑。
ある方からの推薦・紹介で、セカオピでみてもらった先生に
執刀してもらうはずでしたが、
抗がん剤治療中の腫瘍内出血で、緊急手術となり、
他の先生にみてもらいました。
(最初の先生が夏休み中だったため)
執刀して下さる先生とは面識がなく、
急な話だったので、とてもうろたえました。
でも、診察室へ入って不安は払しょくされました。
とても親切ではっきりしていて、話しやすい方でした。
結果、2回も手術をしてもらうことに。
2回とも、大きなストレスを抱えることなく
入院生活を送れました。

1回目の入院当日、病院内のスタバへ買い物にいくと
セカオピでみてくれた先生とお会いしました。
私のことを覚えてくれていて、
病症も全て把握されていました。
すごくびっくりして、とても嬉しかったです。

そして、先週の金曜日、
たまたま病院内でまたもやセカオピの先生とお会いしました。
私は息子を2人連れていました。
そして先生が次男坊をみて、はじめに言った一言
「雑音はどうだった? 大丈夫だった?」と。

そんな細かいことまで把握されているなんて・・・
びっくりすると同時に、すごく嬉しくって
今まであったことが一気に思い出されて
涙ぐんでしまいました。
先生に「もう、私、普段大丈夫なのに、先生の顔みると
泣けてきちゃう」なんて言っちゃって。

先生が「だって、色々あったものね。
地震もあってね」と。

そう、あの日私はこの病院で過ごしたんでしたっけ。
その時も気にかけて下さったのが
先生でした。

セカオピで先生と初めて会った時も、
不覚にも泣いてしまったんだっけ。

あー、私はこの先生に執刀はされなかったけど、
心の治療をしてもらっているんだな~と思いました。

そして、Pink Ringで2人もの先生に色々教えられ、
励ましてもらってます。
気付かされることが多くて、興味深い話が多くてとても勉強になります。

執刀してもらって、診察を受けている先生は
本音で話せて、話しているとどんどん前向きになれる。

出産でお世話になった先生、次男坊をみてくれる小児科の先生。

あー、私の先生は1人じゃないんだ、と気付きました。

まさしく、チーム医療!?
って、それは違うかな?

看護師さん達も、こちらの事情をふまえて話して下さるし、
チャイルドライフスペシャリストの方がいらっしゃったり、
ソーシャルワーカーの方に元気をもらったり!
医療以外の面でも、やっぱりセカオピのこの病院にして大正解でした。


これで入院費が安ければな~
差額ベッド台3万円は、二度と払わないぞ!
と強く心に決めている私に応援お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-11-13 14:51 | 病院選び

ミルク育児で? 抗がん剤で?

長男は完全母乳で育てました。
母乳の何が素晴らしいって、
そりゃ、体重の戻りがよいこと!

妊娠で10.0kg増えた体重が、
-8.0kgとなりました。

-(マイナス)って、増えたところから8.0kg減ったということではなく、
元の体重から、8.0kg減ったのです。

要は、妊娠期から、18.0kg減ったのです!
(授乳やめたら3.0kg増えましたけど・・・)

しかし、今回はミルク。
体重の戻りは悪いとは覚悟していたものの、
あまりにもひどい。

今回の妊娠は、11.5kg増えました。
(37wで生んだのに11.5kg!?という突っ込みはなしでお願いします~)
で、現在・・・まだ・・・7.5kgしか減ってません!

産婦の体重を戻す目安が、「6ヵ月」と聞きます。
現在、約5ヵ月。
あと1ヵ月で4.0kg!?
ちなみに、7.5kgのうち、5.0kgは産後1ヵ月で減った体重。
すると、2.5kg減るのに約4ヵ月かかった計算。

どう考えたって、あと1ヵ月で4.0kgは無理ー。

しかも、ただいまホルモン治療中。
逆に体重は増えやすい!

ミルクだから、とは思っていたものの、
今思えばこれといった対策はしてなかったなぁ。
ミルク育児だって色々出来たよね。
トコちゃんベルトもちゃんと巻いてなかったせいで、
ジーパンやパンツは大半が履けないものばかり(涙

でも、毎朝の野菜ジュースに、
牛・豚NGにしているのに、この結果。

いや、産後に、抗がん剤・手術・ホルモン治療となると、
その影響もあり?

・・・理由をどう考えても、現実は変わらず。

ミルク育児をされる皆さま、
体重戻しにはくれぐれもご注意下さい。

そして、ホルモン治療中の皆さま、
体重の増減はいかがなんでしょう??

にしても、ミルク育児ならでは、なのに、
油断してました。
それなのにお菓子をやめれらない私に
渇をお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-11-12 23:04 | 子育て

ホルモン薬の飲み忘れ

ただいま、ホルモン治療お試し中です。
が、薬の飲み忘れの連続です。
3日に1回は忘れます・・・

習慣化すれば良いのでしょうが、
「保育園へ送ってから飲もう」
「ミルクあげてから飲もう」
「オムツ交換してから飲もう」
「後片付けしてから飲もう」
と、とにかく、早く済ませたいことが多すぎる。

って、これまた言い訳か。。

ホルモン薬の副作用、全く出てませんが
これはやっぱり効いていないからなのかなー
こんな理由で効いているかの検査なんてしてもらえるんだろうか。

というか、飲み忘れ多すぎなんて言いにくい。

とにかく、また明日から忘れないように頑張ろう。
それしかないもんね。まさしく死活問題だし!


********************************

次男坊をおんぶして、長男と一緒に病院行ってきました!
いつも空いているから気軽に行ったら、激混み!
1時間は待ったかな。途中、一度家に戻りましたよ。
ミルク持参してなかったので、念のためにミルク持参でふたたび。

さすがにおんぶしっぱなしはきつかったです。
いまも左手にだるさを感じます。
あーやっぱり、良くないんだなぁと改めて実感。
無理はいけないですね。
何ともない右手を気軽に動かして、つくづく思います。

長男の注射、次男坊の診察が終わって再びおんぶしようとするが、
1人では出来ず・・・
事情を話している病院ってこともあって、
気軽に看護師さんに手伝ってもらっちゃいました。
とても助かりますー

で帰って簡単に夕飯をつくり、
長男が「そろそろごはん~?」とキッチンに来たので、
「シチューだよ」と言うと、
「先生と食べたのね~」と。
ん?

まだちゃんと会話が出来るわけじゃないし、
思い出し会話が多いので前に保育園で食べたのかな?
と思いながらも念のため保育園の献立表をみると

みごと「クリームシチュー」とありました。

しまった! やってしまった!!
ビリっこ、残念ながら、昼・夜連続でシチューでした。
しかも大量制作なため、しばらくシチューかしら。


ほんと、うっかりが多いわたしです。
サザエさんなんて目じゃない!?
そんな私に渇&応援クリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-11-11 00:56 | ホルモン治療

再建 お水注入2回目

水曜日は2回目のお水注入でした。

予約時間は12:00

であれば十分間に合うだろう~
と、いつも通りに、長男を保育園を送っていき、
花音の散歩をし、余裕をもってさて支度~
と動き出した矢先に、
次男坊がグズグズ&吐き戻しの連続。
長男ビリっこも、かなりの吐きっぷりでしたが、
次男坊も負けず劣らず。

そんなこんなでギリギリに出てしまい、
ベビーカーなので四苦八苦でした。
時間に余裕があれば、遠回りしてでもエレベーターを、
ですが、余裕がない。
なので、ベビーカーごと階段の上り下りです。
まだエスカレーターがあれば救われますが。

えっ? リンパ浮腫に重いもの禁物!?
いやー、無理です。
ま、長男を乗せた三輪バギー抱えて階段登ったり
した位だし、お米50kgも運んでた位だから、
筋肉はあるハズ。多少は大丈夫でしょう(汗
(といいながら、必死に左手マッサージしている私・・・)

で、肝心のクリニックは、ものの5分で終了です。

お水注入は、通常6回コースを、2回へ短縮された
ちいさなお胸・・・でしたが!
もう1回注入することになりました!!
良かった~
(いいか悪いかは微妙ですが)

そして、手術月は5月に仮予約入れてきました。
4月まで、もういっぱいみたいです。
5月かー 復帰の件もあるし、色々悩むなぁ。

そして、嬉しいビックリは、クリニックで
ある方にお会い出来たこと!

オフ会でお会いして以来、私もこんなきれいなお姉さまになりたい!!
と憧れている 『不惑じゃないの!?』 のさちさんでした!!
相変わらずお美しかったー

ゆっくりお話ししたかったのに、
次男坊がいたり、看護師さんに呼ばれたり、会計だったりでバタバタ・・・
そして、ビルを出てから 「時間があればランチでも~」 位言えれば良かった!!
と後悔した私です。
残念。

お水を入れた直後は何ともないものの、
翌日になって胸が痛い。
術後を思い出してしまいます。
って痛みのレベルは全然違うけれど。

そして、次男坊はお鼻グズグズで健診をお休み。
乗じて私もゆっくり・・・がなかなか出来ないのはなぜ??
家の中でも何かしらあるんだよなー。

さて、ビリっこ迎えに行って、そのまま病院へ行こうか
迷うところです。
長男インフルエンザ予防接種&次男坊風邪診察って、
欲張りかな? っていうか、出来るのかわたし??


花音はお父ちゃんとお散歩行ってね~
大好きなお父ちゃんとの方がいいでしょ(^^♪
飲んで帰らないことを祈る私に応援お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-11-10 16:06 | 再建

乳がん患者特有の傾向

病院主催の 『Pink Ring』 の中で気になる話しがありました。

『Pink Ring』は、精神腫瘍科の先生と
乳腺外科の先生と看護師さんが、ファシリテーターとして
ご参加されてます。

その先生がおっしゃったのが、

「乳がん患者は他のがん患者と違って、
患者同士のコミュニケーションを積極的にとる。」

のような話しでした。

確か、統計を取った訳ではないが、
如実に表れている特徴だとおっしゃってました。
(いや、統計とってたかも。ちょっと記憶が曖昧です・・・)

確かに、病院で患者会をやっているのは乳がんが多い気がします。
病院外でもそういう集まりが多くありますよね。
これが、他のがんになると、患者同士励まし合って
頑張ろうというスタイルにはなかなかならないとか。

そこで私が思ったのが、blog村のこと。
blog村、圧倒的に乳がんカテゴリの登録が多いですよね。
男女共通で考えれば、”大腸がん”の方が患者数は多いはずなのに。

女性だから? いや、子宮系のがんや病気には
見られない傾向だそうです。

色々な機会・ツールを通じて、患者同士
話していけるのは乳がん特有の傾向。
何故なんでしょう?
この答えは明確に出ている訳ではないようです。

ですが、多くの方がそうであるように、
私もblogを通じての出会いには、
苦しい時に励まされ、癒され、
何事にもかえられない元気・勇気をもらいます。

看護師さんが、直接の因果関係は無いかもとしながら
「外見に変化が出る可能性があるのは乳がん特有で、他のがんには見られない」
とおっしゃってました。

本当、なんでなんでしょうね。
難しいことは分かりませんが、(←話題あげておいてそれ?)
患者同士でつながっていくのは、
励まされ不安を解消させストレスを軽減させる。
すなわち、ガン細胞を増やさない≒NK細胞を増殖させる
ような気がします。

あ、あと、スポーツをやっている人は、再発・転移の確率が低いとか。
これはきちんと統計が取れているそうです。

手術が終わって通常運転に戻ってから、
日々の生活・育児に追われ気味ではありますが、
がんのことを無視して生活しているわけではありません。
少しでも再発・転移防止になるなら、スポーツやろうじゃありませんか!

すぐに、スキーや登山、という訳にはいかないので、
やっぱりヨガ再開かな~
0才児と一緒に行けるのは、アフターヨガ・ペルビックストレッチくらい。
腕も動くようになってきたし、再開ですね。
あとは何と言っても、花音散歩ね。
ベビーカーで大型犬の散歩、結構良い運動。

保育園送迎に、花音散歩、週一くらいのヨガ。
これで、ダイエットにも効果出ないかな?
(ホルモン治療中なので)
って、目的はそっちじゃありませんでしたー
再発防止のスポーツね。


スポーツの前に、ビリっこから始まった軽い風邪が
家族全員に蔓延してちょっとズルズル。
本格的な風邪にならないよう、頑張ります!
応援お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-11-06 23:12 | その他

リンパ浮腫への不安

「不安」だなんて書くと、ネガティブっぽいですが、
いたってポジティブな「不安」です。

リンパ節を郭清すると、リンパ節浮腫が一生の注意点として
あがってきますよね。

・重いものはもたないように
・傷やけどをつくらないように
・日焼けを避ける
・しめつけないように
・長時間の同じ姿勢は避ける
・保湿をすること
・剃刀等肌への刺激を避ける
・適度な休養や睡眠

等々

最初、「重いもの持たなければいいのねー」と
安易に考えてましたが、しめつけNG=おんぶ・リュックNGと
言われ、ガーン・・・です。

次男坊のおんぶもそうなんですが、それより何より、
私の趣味が!!

独身時代から続けているスポーツは、スキーやスノボ、ホットヨガ位です。
結婚してから始めたのが、登山にダイビング。

登山はいつか縦走(山小屋に泊まって山から山へ移動)するのが夢でした。
ビリっこが生まれる前に、奥穂高に登ったのが最後。
富士山の山小屋予約をしたところで妊娠が発覚したのでした。
育児で当分は無理とは言え、子どもと一緒にハイキング位から
再開するつもりでした。

ダイビングは、ビリっこを預けて潜ったりもしてました。
機会があれば、子どもと一緒に潜るのも。なんて思ってました。

それなのに、リンパ節郭清したことで、色々制限が出来た。
しかも、登山もダイビングも重い荷物を背中に背負うスタイル。
入院中に看護師さんへ聞いたところ、否定的なご意見・・・

あー、もう出来ないの!?
と思ったところに、ある看護師さんが、
「一緒に登るパートナーに重いものを運んでもらえばいいのよ」と。
そういえば、登山グッズでも低山用の軽めのバッグもあるじゃない!
そして、その看護師さん、
「ダイビングも潜っている時はいいんだけどねー」と。

ん? なら、船からのエントリ―だけにすればいいのでは!?
(海岸等浜辺からだと、重いタンクを背負ったままひたすら歩く)

そっか、そっか。
全く出来なくなる訳じゃないね。
もちろん、「だから大丈夫」という保証は無いけれど、
道があるのは嬉しい。

改めて、私の夢・・というか目標は、
「子ども一緒に登山」
「ダイビング再開」
ただ、リンパ浮腫予防に気を付けながら、って
注意書きが増えただけですね。

「不安」も上手に付き合っていかなきゃ。


今年の冬こそは、ビリっこの雪山デビューを!
なんて呑気なことを考えている私に応援お願いします!
呑気に将来考えるのが一番の薬です。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-11-05 23:31 | 術後の日々
最新の記事
代筆 boo-koroについて
at 2013-03-09 00:40
お詫びと心からの感謝を
at 2013-01-08 09:00
再開後2クール終わって
at 2012-10-23 23:35
ひたすらに感謝を
at 2012-10-19 12:32
退院してきました!
at 2012-10-15 22:50
カテゴリ
メモ帳
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧