思いがけず「乳がん」になりました


2011年2月 33才の妊娠中にトリプルネガティブ乳がん発覚。1才3才息子達と、大型犬・うさぎと4人+2匹家族です。抗がん剤→出産→抗がん剤(腫瘍内出血)→手術→ホルモン治療→転移発覚→抗がん剤治療中。
by boo-koro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

細胞診検査

1週間後、J大学病院で細胞診検査。

とあるサイトで、
「注射の太いのぐらいだから、麻酔なし」
なんて表記があったので、そのつもりで入室。

しかし!
検査室へ入ると、女性の技師?医師?が、
「じゃ、麻酔うちますねー」

えぇ!?
聞いてないし、私妊婦なんだけど!?

「あの、私妊娠中なんですけど…」
と伝えたら、

「あら、そうなの? でも部分麻酔だから大丈夫よ」

って、胸広げて、注射針持ってる人から言われたら、
拒めませんがね。

しかし、この細胞診、誰が痛くないだって?
麻酔していても、痛いし、衝撃すごいし。
バッチン×3
しかも、この医師、無言で機械のように扱うし。
その沈黙が耐えられず、
「あと何回やるんですか?」
と質問。

終わって、ちょっと質問。
「しこりが最近痛いんです。」

検査医師「それは妊娠で胸が張ってるからでしょう」
とのこと。

そか、しかし、味気ない検査医師だったなぁ…

ちなみに、「妊婦には禁忌」のマンモも
受けさせられるように、この病院の看護師から誘導あり…
すぐに妊婦であることを伝え、回避。

危険きけん。


細胞診の瞬間、私の衝撃が伝わったのか、
お腹の赤ちゃんもビクビク~となってました。
すっかり忘れていたけど、この頃から胎動を感じ始めたかな。
皮肉なものです。
[PR]
by boo-koro | 2011-01-21 03:35 | 告知まで

J大学病院へ

昨日の今日ですが、地元の病院から
「1日も早く、J大学病院へ行くように」と言われたのもあり、
さっそく、翌日に診察。

嫌なことは、さっさと終わらせようと思い。

上司へは、連日のお休みになることをお詫び×お詫び。


大学病院の乳腺科では、「初診の方は、4~6時間待ちもあります」
との張り紙があちらこちらに。
確かにすっごい待つと聞かされたし、1日がかりとも聞いたから
覚悟はしていたけどね。

売店で本を買い込み、飲み物補充し、
寝やすいソファーもゲット。

2時間位待って、診察。
A医師(女医さん)でした。
「紹介状+エコー写真だと、確かに左胸にありますね。
これは腫瘍なので、良性か悪性かをこれから調べていきます。」とのこと。

検査内容は限られるので、リンパのエコーと、細胞診とのこと。
細胞診は当日中の予約が取れないので、また次週。
で、先生に
「とうことは、細胞診検査をやって、結果を聞きにきて、
あと2回は来なきゃいけないですね。」
とスケジュールだけ気にする私。

それに対し、
A医師
「それは良性だったらの話ね。」
とアッサリと。

まぁね。
この頃は「良性」で疑ってもなかったので、
聞き流してましたけど、これまた今思うと(発覚後)、
思う事あったのかなー(前回の地元病院医師に同じく)。


で、午後の超音波エコーでびっくりしたのが、
昨日の地元病院と同じ技師さん。
検査室へ、入ってきて一言
「私のこと覚えてます?」
そりゃ、覚えてますよ。

「すぐに来てくれたんですね。良い事ですよ。
やっぱり、乳がんの疑いありなので、
リンパへの転移みていきますね。」

と。

え?乳がんの疑いなの??

とこの時初めて自覚しました(^^;

結果、リンパ転移は見当たら無い様子。

じゃ、後は、胸のしこりが良性なことを祈るばかり!
早く仕事をガツガツやって、産休の引き継ぎと12月からの残務に
精を出さなきゃ!!
[PR]
by boo-koro | 2011-01-14 03:21 | 告知まで

初 乳腺科

初めての乳腺科受診。

見覚えのある部屋。
ここは、赤ちゃんの1ヵ月後健診や、BCGをやった
あのお部屋ですね。

周囲は、旦那さんやお母さんと来ている人ばかりの中、
1人、泣いてばかりの長男を抱え、私が泣きたい気持ちになったあの部屋。
あれから、もう1年以上経つかー


週一しかやってない乳腺科だから、他院の先生なんでしょうね。
で、特設室的なこのお部屋か、と納得。
その割に、入ってすぐ着替えさせられ、
超音波検査。
(妊婦ですから、超音波しか出来ません)

初めてなので、全く様子が分かりません。
でも、モニターに『黒い影』がはっきりうつっているのは分かります。
そりゃ、自覚症状あってのしこりだからね。
衝撃は受けなかったけど。

初めての胸の超音波。
あんまり気持ちの良いものじゃないですね。
で、すぐに都心のJ大学病院を紹介する旨、伝えられる。
まだ超音波エコー中なのに。
しかもすっごい待つらしい。

超音波後、別の先生が触診。
あ、そっか、さっきの人は「技師さん」なのかな?
でも、触診して、技師さんが言ったのと同じように
J大学病院紹介について説明。

この時、まだ、「どうせ良性なのに、どんだけ時間かかるんだか」
ぐらいにしか思ってませんでした。
それと、「会社休みになってばかりで申し訳ないなぁ」と。

診察室を出る時、先生が「大丈夫だからね」と笑顔。
あ、大丈夫なんだ。
と素直に受け止め。

いや、今思えば、気休め励ましのお言葉だったんですね。
ある程度は分かっていたんだろうなぁ。
[PR]
by boo-koro | 2011-01-13 03:08 | 告知まで

産婦人科へ

1/6(木)に、乳腺科予約を入れていたが、
12月の体調不良(悪阻)で大迷惑をかけていたため
有給を取るのは忍びなく、キャンセルして、1/8(土)の妊婦健診へ。

長男の心音を確認して下さった、女医のI先生。
いつも優しく、親身になってくれます。
外来しかやっていない先生なので、長男と同じく、
初期 I先生(女性)
中期以降 I先生(男性・副院長)
の計画でした。


I先生へ
「胸にしこりがあるんですよー。
前回の離乳がいけなかったからですかねぇ」
と、乳腺発達系しか疑わない、決めつけの嫌な質問(^^:

I先生、そんな私の言葉に嫌なお顔もせずに、
「んー、前回が悪いなんてことは無いですよぉ。
でも、これは「乳腺科」で見てもらいましょうね。
すぐここで予約とりましょうか?」

えー、また病院? しかもここの乳腺科、木曜日しかやってないし…
とは言え、放っておくのも何なので、すぐ予約。

1/13(木)に予約入れました。

あー、仕事休まなきゃ…
[PR]
by boo-koro | 2011-01-08 03:00 | 告知まで
最新の記事
代筆 boo-koroについて
at 2013-03-09 00:40
お詫びと心からの感謝を
at 2013-01-08 09:00
再開後2クール終わって
at 2012-10-23 23:35
ひたすらに感謝を
at 2012-10-19 12:32
退院してきました!
at 2012-10-15 22:50
カテゴリ
メモ帳
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧