思いがけず「乳がん」になりました


2011年2月 33才の妊娠中にトリプルネガティブ乳がん発覚。1才3才息子達と、大型犬・うさぎと4人+2匹家族です。抗がん剤→出産→抗がん剤(腫瘍内出血)→手術→ホルモン治療→転移発覚→抗がん剤治療中。
by boo-koro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:抗がん剤① CAF( 31 )

妊娠中の抗がん剤治療 そのリスク

午前中に、ブレストセンター初診を受け、
すぐに産科診察。

担当のA医師(これまた女医さん!)は、
ボーイッシュで冷静で、とても話しやすい。
安心しました。


妊娠中の抗がん剤投薬で、「リスク」と言えるものは
2つあるそうです。

①成長(体全体・学習障害)
②生殖機能(女児の場合)

やっぱり、①が気になりますよね。
過去の例としては、検査対象者57名中、

・ダウン症が1名
・学習能力低下3名

あったそうです。
まず、ダウン症は抗がん剤は関係ない、遺伝子の問題なので関係ありませんね。
学習能力低下についても、何もない健常者が一般的に発生する確率より
低いので、抗がん剤との関連性は限りなく「0」に近いとのこと。

しかも、この数値、全てアメリカでの実績みたいです。
日本では、2003年から統計をとっているらしいのですが、
①②とも「0」だそうです。
ただ、半数だけ起きているので一つだけ…
少し、小さめの赤ちゃんが生まれているようです。
障害というより、一般的に少し小さいというレベルだそうです。

大分、不安が消えました。
あ、全く触れてませんでしたが、
②の生殖機能については、我が家の第二子は「男の子」なので、
全く除外して聞いてました。
女児の場合、胎内にいる間に卵子がつくられるため、
影響を受けるのだそうですが、男児の場合は
出生後つくられるので、無関係だそうです。
とってもとても!!女の子が欲しかったのですが(泣)
今回は男の子で本当によかった!!

小さめの赤ちゃん、というのも、
やっぱり早めに出産させるケースが多いのでその関係?
とも思えるので、何だか一気に不安が消えました。

34週以降の出産が安全・安心だそうです。
肺が出来るあたりなんだそうですね。
最後の抗がん剤投薬から4週くらいあく予定なので、
ちょうど良さそうです。

ただ、一つだけ、想定外なことが…
すっかり帝王切開のつもりでしたが、
経膣分娩でいくそうです…
やっぱり、産後に手術も予定してますし、
なるべく母体がダメージを受けない方法をとるんですねぇ。
もちろん、誘発・促進剤は使うんでしょうが、またあの陣痛を味わうのかぁ…

で、母乳はやっぱり極力NGみたいです。
片方だけ? なんても聞いてみましたが、
やっぱり、乳がん細胞への影響があるみたいですね。
しかし、さすが産科医師。
特に言わずとも気持ちを分かってくれるのか、
「初乳だけあげて、という方法もありますね。」とのこと。
誰も言ってくれなかった言葉で、当たり前にダメだろうと思っていたことなので
とても嬉しかったです。


もちろん、健康な方の出産には比べられないほどのリスクを伴いますが、
そんなに悲観するほどでもない。
こんなに科学的に立証されてるんですから、あとは
先生方にお任せして治療をすすめます。
[PR]
by boo-koro | 2011-02-10 23:20 | 抗がん剤① CAF
最新の記事
代筆 boo-koroについて
at 2013-03-09 00:40
お詫びと心からの感謝を
at 2013-01-08 09:00
再開後2クール終わって
at 2012-10-23 23:35
ひたすらに感謝を
at 2012-10-19 12:32
退院してきました!
at 2012-10-15 22:50
カテゴリ
メモ帳
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧