思いがけず「乳がん」になりました


2011年2月 33才の妊娠中にトリプルネガティブ乳がん発覚。1才3才息子達と、大型犬・うさぎと4人+2匹家族です。抗がん剤→出産→抗がん剤(腫瘍内出血)→手術→ホルモン治療→転移発覚→抗がん剤治療中。
by boo-koro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:入院(出産)( 8 )

授乳のこと その3

妊娠・出産と、おっぱい、
切っても切り離せませんね。

妊娠中に抗がん剤治療を行い、
出産前に一旦やめ、
産後数日だけ授乳をし、
すぐに薬でやめた私。

この短い半年間で、おっぱいの変化を
嫌って言うほど実感しました。

2月、抗がん剤治療を始める前のおっぱいは
『赤み』『痛み』をともない、それはそれは痛々しいものでした。
乳がんは痛みが無いハズなのに、痛いなんて!
母親に言うと
「ガン部分が痛いなんて、末期の人が言う事だわ」
なんて、不吉なことを言う始末。

それが、抗がん剤治療を行っていた2月下旬~5月上旬には
『赤み』『痛み』も無くなってました。
そして、しこりっち(腫瘍)も小さくなった気分。

産前、抗がん剤をやめていた時期には
少し『痛み』が復活。
そして、何より、しこりっちが大きくなった気が!?
(実際、ほんの数ミリ大きくなってました)

出産し、授乳をしていた期間は
乳腺が張りまくって、痛いとか赤いなんて問題ではありませんでした。
カッチカチの胸。
今、思い出しても痛いぃ~

で、母乳を止めるように冷やしたり、薬を服用してから、
再び『赤み』『痛み』が復活。
しかも、今までに無い程の痛みに大分苦労しました。
母と夫に言っても
「また抗がん剤が始まって刺激されてるんだわ。ちっちゃくなる証拠だ!」
などと、あり得ないくらいのポジティブシンキング。

そして、産後26日。
ようやく、本当にようやく! 赤みが消えて無くなる寸前まできました。
『痛み』は産後2週間くらいは続いたかな?

今は、何故か、患部の皮が少し剥けている程度です。


妊娠・抗がん剤・出産・授乳によって、
刺激されまくった、乳腺とおっぱい。
本当にお疲れ様でした。
これだけ変化を見続けると、
「やっぱり色々と良くなかったのかなー」
なんて思ってしまいますが、
とある先生がおっしゃっている
「全て許容範囲」
の言葉を信じようと思います。
そのために、毎週頑張って通院するんだし。

終わったこと、過去に縛られても意味はない。
先を見て、いきます。

あと数日で産後1ヵ月になります。
先週金曜日に母親が帰ったことだし、
そろそろ本格的に動きまわろうかな~
長男時には毎週2回は、ヨガやビクスに通ったわたし。
今回はやめようかと思いましたが、、、

うん。
やっぱり行こう!!

ヅラでビクス&ヨガ!



ランキング参加してみました♪

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-07-10 22:15 | 入院(出産)

出産入院のこと

私が治療、出産でお世話になっているS国際病院は
院長先生やセレブ産院として有名です。
出産では都内3大ブランド産院と言われるらしいです。
お受験をさせるなら、生むところから・・とか。

が、言うまでもなく! 私はセレブ出産を望んだ訳はなく、
乳がん治療の関係でお世話になることに。
結果として、ブレストセンターの先生方、産科の先生、
皆さんとても親切で丁寧で、大満足でした。
(治療はまだ続いてますが~)

私は2人目の出産。
となれば、比較対象もあるということで、
ちょっと出産入院中のことなぞ記録しておきまーす。


ちなみに、長男時出産の東F病院も、
私の住んでいる東京都西部ではお値段高めで有名です。
全室個室で、食事の評判もよし。です。
世間一般的に産院として評判の良い病院の典型だと思います。


東F病院と、S国際病院、出産入院だけを考えて
何が違うって、やっぱりお値段です・・

東F病院 約60万円~
S国際病院 約85万円~

出産手当一時金が42万円なので、
実際に支払う金額はもっと少ないですが。


でも、やっぱり、「医療」「ケア」に関して
S国際病院は手厚いですね。
良かったな~と思うところをピックアップしてみます。

・LDRで陣痛MAX時の移動がない
・陣痛時もこまめにチェックに来てくれる
  →コレが何より安心出来ます
・分娩時に医師看護師あわせて5~6名で立会い
  →東F病院で長男の時は満月出産ラッシュもあり、生む寸前まで助産師1名のみ
・出産後、子宮収縮の点滴あり
・出産後、足湯あり
・出産2日後、アロママッサージあり
・小児科医と直接話せる機会あり
・抜糸があったので退院後が楽!!

東F病院も何の不満もありませんが、
S国際病院と比べると、総合病院と個人産院の違いもあり、
やっぱり少なからずありますね。
東F病院は、おやつが出たり、個室が広かったり、パジャマ不要だったりと
物理的に良いところも沢山あります。
おやつって当たり前にあるもんだと思い込んでいたので、
S国際病院で出なくてちょっとがっかり・・

ただ、小児科面談で一緒になった方々や
S国際病院で出産した友人の話を聞くと、みんな口をそろえて

「スパルタだよね~ 厳しい~」

だそうです。
多くは、授乳のことで看護師・助産師さん達に
厳しい指導を受けるようで(^^;
私の場合は、逆に色々気を遣ってもらい
とても助かりました。
病棟と新生児室とスタッフさんが別なんですが、
どちらへ言っても、話は通じている
(=私ががん患者で授乳をやめる等)ので
楽ちんでした。
あれだけスタッフがいるとイチイチ言わなきゃいけないと思っていたので。

「厳しい」と言われてますが、
聞いている感じで私はあまり厳しいとは思いませんでした。
母乳推奨している病院ならそれ位はあるだろうな、という範囲です。
東F病院もそうだったし。

上にも書きましたが、何が辛いって、陣痛時なので
そこの間、放っておかれるのと、そうでないのは大きいです。
あと、分娩時にきちんと見守られている感はいいですね。
今思うと、長男時はとても淋しい分娩室でした(^^;

今回は何といっても、ハイリスク出産。
S国際病院で本当に良かったです。

あ、一度だけ嫌な思いをしたことが・・
退院する際に、新生児室へ次男坊を迎えに行ったら
「ご本人(ママ)に来ていただきたいんですが」と言われたこと。
え? それはいきなりウィッグを被っていったから
分からなかったってこと??
帽子だと思い込んでました??
(入院中はずっと帽子だったので)

と、ケチはつけませんが(良識ある大人なら当たり前?)
ものすっごい嫌な顔をしておきました。

ま、それ位でした(笑)


ランキング参加してみました♪

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-07-06 22:56 | 入院(出産)

授乳のこと その2

私の授乳計画は、初乳をあげながら
入院中に胸を落ち着かせること。

要は、授乳をストップし張りを落ち着かせ
退院後に母乳外来の診察を受けなくて良いこと。
でした。
コレはただ単に通うのが面倒なだけですが・・・

で、産後0日〜3日目まで授乳を続けて
産後4日目に薬を飲んでストップ。

0日〜1日は、口に含ませるもお乳が出ず。
2日目からガンガン作られ始め、次男坊も
ゴクゴク飲み始めました。
が、いくら飲んでも新生児。
吸う力が弱く、作られた母乳が消費されず。
その上、私のおっぱい、長男時の授乳記憶があるらしく
母乳はガンガン作られる始末。

で、例外なく、乳首は吸われて痛いなんてもんじゃない!!!!
しかも、左胸はしこりっちがあるため授乳せず。
となると吸わせるのも右胸だけ。
で、右乳首集中攻撃で擦り切れるなんてものじゃなく(>_<)

そんなこんなで、私のおっぱいはバリバリに張りました。
で、何故か張り始めたら次男坊はあまり飲まなくなってしまい
授乳最後の夜を迎えたのです。

相変わらず乳首は痛い。
口に含ませるだけで、頭から腰まで響く激痛。
でも、そんなもの、何て事はないんです。
一滴でも多く、次男坊に母乳をあげたい。

でも、乳腺を刺激する事自体が良くないのに変わりはなし。
そんな事を分かってるかのように次男坊は
既に吸う事をやめてました。

最後の夜、吸われる乳首の痛みと
いよいよかと思う胸の痛みに耐えながら
お乳をしまいました。
これにて出番終了!
4日間の短いお仕事お疲れさま。
後は、乳腺炎を起こさず、キレイに
ハレを引かせるだけ。

産後4日日目の朝、小さな薬を一粒飲んで終わり。
あっけなかったな〜
d0222067_23372547.jpg



張りが始まった、3日目から両胸を冷やしましたが
サトイモ湿布、初体験しました。
冷えはしたんでしょうが、翌日から使ったアイスノンには
叶わず…
冷やす事を見越して持参した冷えピタと
病院が用意したアイスノンで
ガンガンに冷やしながら、張りがおさまるのを待ちました。
冷やし過ぎでさすがにお腹下したりしましたが(^_^;)
胸はトラブル無く断乳出来ました。

それもこれも、病棟の看護師さん(助産師さん?)の
こまめなチェック。
先生のこまめなチェックがあってのこと。
感謝感謝です。


免疫力をつけてもらうのに、もう少しあげたかったかな。
しかし、完全母乳で育った長男は、病院通いばかりだし、
イマイチ母乳の恩恵を感じていないのも事実(^^;

そして、今、ミルクの素晴らしさにも感動してます。
・私じゃなくても誰でもあげられる!
・いざとなれば、誰かに預けられる!
・飲む量が分かる!
・私の食事をこだわらなくていい!
そして何より!!
・私が酒を飲める!!!

ガン患者なので、さすがに毎日飲んだりはしませんが、
退院日やおつきあいで少々(ホントに少々か!?)・・・

母乳もよし、ミルクもまたよし。
それぞれメリットありかな。

ランキング参加してみました♪

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-07-02 23:37 | 入院(出産)

授乳のこと その1

乳がん患者の出産。
もちろん、授乳は出来ません。

妊娠中に乳がんが分かり、はじめショックだったのは
「次男坊に母乳をあげられないこと」でした。
乳がんが進行する危険性があっても、授乳したい、
なんて思う位でした。

というのも、長男時は、完全母乳でした。
わたしのおっぱい、母乳のしこりが出来やすく、
いつも乳腺炎一歩手前で、それはそれは痛い思いの連続でした。
なので、食事も人一倍気を遣います。

それは、しこりが出来ないように、
という他に、やっぱり美味しい母乳を作るように、
と、カフェインや油ものには気を付け、
和食中心でした。

それでも、長男の吸う力が弱いからか、しこりが出来ては
冷やして冷やしての連続。
痛かったなー


そんな苦労をしても、次ももちろん母乳のつもりでした。
が、乳がん発覚。
あきらめるしかない。
当初、これは本当に辛かった。
今となれば、「そんな事より、早く治して元気になる!」
「少しでも長生きして成長を見守る!」という方が勝ちますが・・

今回の出産プラン、初乳だけで終わりの予定でした。
で、この「初乳だけ」、私自身ちょっと勘違いしてました。

初乳だけだから、生んだ当日~翌日くらいかな?
と思いきや、初乳は産後しばらく出るので
いつやめるかは、こちらに選択権があるみたい。

それなら1日でも長く…
でも、あげる期間が長ければ長い程、
乳腺が発達し腫瘍に影響が出るし。
何と言っても、簡単に断乳(とは言わない?)出来るとは限らないし、
それで退院後に通院なんてコリゴリだし。。
と悩む悩む。

そんなところへ、きっとこの件については慎重に考え、
デリケートな扱いをして下さった助産師さんが
改めて説明&意思の確認に登場。
それはそれは慎重に、そして何よりこちらの意向を汲んで
話をしてくれるので、私もすっかり当初の
「母乳をあげたかった」という気持ちに戻ってしまいました。

が、もちろんあげ続ける事は出来ないので、
ただその優しさに思わず泣けてくるだけなのですが・・・

入院1日目、バルーンを待つハゲ頭妊婦、
LDRで思わす看護師さんと一緒になって泣いてしまいました。
(って看護師さんは泣いてないか(^^;

母乳の行方はまた今度~


ランキング参加してみました♪

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-06-26 05:36 | 入院(出産)

産後5日 退院しました

6月19日(日)

無事に母子ともに退院しました。
2904gで生まれた次男坊ですが、新生児自然体重減少?で
退院時は2700gくらい。
でも体重も、肺機能も、黄疸も問題なく
普通に退院出来ましたo(^-^)o
任意で受ける「聴力検査」も問題なく安心。
大丈夫とは言え、天下の抗ガン剤
気になるのも正直な気持ちです。

退院してから今日(6/23)まで4日経ちましたが、
次男坊はよく寝てあまり泣かないです。
よく「2人目は手が掛からない」と耳にしますが
まさしく!なのか、今だけなのか…
とりあえず、心配だったのは次の点です。

・ミルクで寝かしつけは出来るのか
・夜中ミルクタイムで泣いて長男起きないか!?
・兄弟寝かしつけは一体どうなるのか!?

ミルク寝かしつけは、今のところ問題なし。
ゲップの縦抱きで起きるかな~と心配していたのですが、
起きませんでした。(長男は起きていたんです・・・)

ミルクタイムに長男も泣いて起きないか否かは、
次男坊がフニャフニャ言い始めたら、
別室へ移動しておむつ交換&授乳しているので
今のところ問題なし。

兄弟寝かしつけは、今のところ大丈夫です。
というのも、全ては次男坊が放っておいても寝るのと、
あまりギャーギャー泣かないのに助けられています。

このままいけるか? 今だけなのか??

入院中、抗がん剤担当医の診察?があって、
寝ている次男坊を見て

「よく眠るの珍しいかも。胎内で抗がん剤をやっていたお子さんは
寝ない子が多いんですよー」

って。
気が立っちゃうのかな?
というより、たまたまな気もします。
それと、第何子かも影響ありそう。

とにかく!よく寝て、大きく育って欲しいです!


長男は次男坊にとても優しいです。
「赤ちゃんねんねー」
と、歌を歌ったり(何故か「かたつむりのうた」)
なでなでしたりしてます。

退院してから今までヤキモチ行為は一切なし。
それより、「自分もやりたい!」がとても多いです。
抱っこ、ミルク、お着替え等々・・・

珍しく、夫がミルクをあげていたら、
「○○くんが先ー!!」
って怒ってました。
まさか哺乳瓶で飲みたいの!?
と思いきや、自分があげたかったそうです(^^;

これまた、今だけかな~?

ヘルプに来ている母親曰く
「ヤキモチは一切焼かなくて偉いけんじょ、最近頑固になるところがあっから
やっぱ長男の中ではストレス感じてんだべなぁ」と。(会津弁でどうぞ)

確かに・・・

でも、とても優しい長男に助かってます。

d0222067_2423489.jpg

▲ 無理やり並べさせられ、ちょっと緊張の図
d0222067_325950.jpg

▲ 次男坊の手を触ってみたら(本人寝かしつけのつもり)、
 手を握られ、身動きとれない図


ランキング参加してみました♪

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-06-23 23:42 | 入院(出産)

皆さんに感謝です

d0222067_8191750.jpg

出産について、沢山の方から
お祝い・応援・励ましのお言葉を頂戴しました。

乳ガンにかかり、従来のblogとは別に
当blogを立ち上げました。
最初は記録用にと思い、自分の経験が
誰かの役に立てれば・・・とも思ってました。

しかし、蓋を開ければ、治療の内容、
副作用の辛さ・心理的不安、そして子育ての愚痴まで
皆さんにアドバイスやフォローをいただく私。

最大の心配事だった、抗ガン剤治療を
お腹で一緒に経験した次男坊も無事に生まれました。
皆さんにお祝いや応援の言葉を頂戴し、本当に嬉しかったです。

他人なのに、こんなに喜んで下さる方がいるのかと
私こそが感動しました。
次男坊が大きくなったら絶対に教えてあげたいです!

まだまだ続く治療の道
何年も経過をみていく病気との付き合い
新しく家族に加わった次男坊との子育てバトルo(^-^)o

全てが始まったばかり。
でも、きっと皆さんの体験談や応援で
頑張っていける気がします。

感謝してもし尽くせません。
ありがとうございます。
心からお礼を言わせて下さい。

********************************************************
病院は今日退院となりました!
37wで3週も早く生まれたのに、
次男坊はNICUに入ることなく
とても元気!
次男坊も私も経過が良く経産婦通常日数の5日で退院です。
経過が良すぎて!?抗ガン剤治療来週からになりました(*_*)

でも日曜日退院なんて、なんて親思いな次男坊〜

写真は17日、生後3日に撮影したもの。
3日でだいぶ人間らしくなったでしょうか!?

入院中、時間があるかな〜と思い
記事をUPするつもりでしたが
無理でした…
お腹にオシモに胸にイタイイタイ
授乳もあるわ、助産師さんはこまめに来るわ
かなり忙しかったです。

コメント下さった方、お礼が遅くなり失礼しました。
皆さんのblogは帰ってからゆっくり拝見させて下さい。

セレブ出産入院(この病院そう言われるんです…)、
また改めてUPします。
[PR]
by boo-koro | 2011-06-19 08:19 | 入院(出産)

生まれました!…ハゲ頭で出産に挑む

d0222067_0271067.jpg

6月14日(火)17:43
無事に次男誕生しました。

心配して下さった皆さん、
お祈りして下さった皆さん、
しっかり念は届きました!
ありがとうございました!

推定体重が、昨日段階で2600gだったのが
出てきてみたら、2904g。
37w2dなのを考えたら、でかいです。
予定日までいたら一体どんなことに…

昨日のバルーンが中止になったので
長引くことを危惧してましたが、
結果、1日で済みました!
体重OK、肺機能OKなので日曜日には
退院出来るみたいですo(^-^)o

とても元気で、しっかりしていて
一緒に抗がん剤と戦ったとは思えない。
(髪も私よりフサフサだし…)

分娩時に帽子を被る計画が、それどころではなく
中途半端なハゲ頭で出産。
ハイリスク妊婦はスタッフの皆さん把握されているようで
何も気にする必要はありませんでした。

思わず、LDRから移動する際もそのまま車椅子に乗り
助産師さんに言われるくらい(^_^;)

生まれて感動!ってタイプでは無いため、
「あー陣痛痛かった〜」が第一声。

とは言え、私たちに乳ガンを教えてくれ、
一緒に戦ってくれた次男。
おっぱいはあげられないし、
まだまだ私にベッタリの長男がいるため
やっぱり長男時みたいに手はかけられない…
お腹にいる時も、出てくる時も
出てきた後も我慢させてしまってごめんね。
一緒に抗がん剤と戦ってくれてありがとう。

日曜日には、わんことうさぎがいる家に帰ろうね。
しっぽのあるお姉ちゃん達も、もちろんお兄ちゃんも
みんな待ってるよ。
[PR]
by boo-koro | 2011-06-15 00:27 | 入院(出産)

出産入院1日目 バルーン中止

6月13日(月)
出産入院1日目

夫と長男を見送り、私と母親は病院へ。
10時までに病院へ行かねばなので
通勤ラッシュのピークまではいかないものの
まぁ満員電車でした。

満員電車の中、コロコロかばんを持つ
臨月妊婦とキョロキョロする母親。
邪魔だったろうな~
しかし、今に始まった事じゃないけど
「優先」席じゃないな~
前回の妊娠時にはおじさんサラリーマンに
イライラしましたが、今回は大学生らしき若者。
そんなお疲れですか?若者よ
見た目は分からないけど病人や病み上がりの人
足腰の弱い人、デカいお腹、本当に辛いんだぞ~

病院に着いて、手続きを済ませ
病室へ…
と思いきや、LDRへ
すぐに出産用の服に着替えてバルーン準備
点滴とNST機械を装置しさっそく不自由な身に。

担当のA医師の前に、別のA医師登場。
若くてキレイなお医者さん~
A医師-2かな
ってみんな女性。

で、肝心のバルーンは…

2回器具を入れて痛い思いをして挑戦するも、
結局中止になっちゃいました~

子宮口にあったポリープから出血が止まらなく、
危険なため取りやめになりました。
しかもポリープ1つじゃなかったみたい。
胸に子宮にできものだらけかい(-_-#)

って、子宮口のポリープは出産と一緒に出てくる
ケースが多いみたいで心配いらないとか。

というわけで、バルーンでの子宮口開き大作戦は中止。
明日からの誘発剤頼みになりましたー。

長男の時になかなか子宮口が開かなくて
苦労した経験があるだけに、子宮口が開かないのは
とても不安…
陣痛きても子宮口が開かない、魔のパターン再び!?

で、初日残りは点滴とNST機械につながれて終わり。
ただ、夜遅くまで&翌日朝方4時の点滴はキツいです。

バルーン装着&内診は痛かったですねー
しかし陣痛なんてこんなもんじゃない!
腹を据えなければ!!

(書いてるのは14日12時 陣痛きてます~ イテテ(T_T)
[PR]
by boo-koro | 2011-06-14 12:02 | 入院(出産)
最新の記事
代筆 boo-koroについて
at 2013-03-09 00:40
お詫びと心からの感謝を
at 2013-01-08 09:00
再開後2クール終わって
at 2012-10-23 23:35
ひたすらに感謝を
at 2012-10-19 12:32
退院してきました!
at 2012-10-15 22:50
カテゴリ
メモ帳
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧