思いがけず「乳がん」になりました


2011年2月 33才の妊娠中にトリプルネガティブ乳がん発覚。1才3才息子達と、大型犬・うさぎと4人+2匹家族です。抗がん剤→出産→抗がん剤(腫瘍内出血)→手術→ホルモン治療→転移発覚→抗がん剤治療中。
by boo-koro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

先生は1人じゃない

病院の選択って、セカオピしたり転院したり、
人それぞれですよね。

私も、セカオピをして今の病院に辿りつきました。
詳しくは「S病院治療方針」で。

自分が選んだ病院で満足しているか、
その主治医で満足しているか、
治療が進んで手術も終わると、もうどうでもよいというか、
あまり深く考えることはありませんでした。

でも、私の場合主治医に関してはちょっと複雑。
ある方からの推薦・紹介で、セカオピでみてもらった先生に
執刀してもらうはずでしたが、
抗がん剤治療中の腫瘍内出血で、緊急手術となり、
他の先生にみてもらいました。
(最初の先生が夏休み中だったため)
執刀して下さる先生とは面識がなく、
急な話だったので、とてもうろたえました。
でも、診察室へ入って不安は払しょくされました。
とても親切ではっきりしていて、話しやすい方でした。
結果、2回も手術をしてもらうことに。
2回とも、大きなストレスを抱えることなく
入院生活を送れました。

1回目の入院当日、病院内のスタバへ買い物にいくと
セカオピでみてくれた先生とお会いしました。
私のことを覚えてくれていて、
病症も全て把握されていました。
すごくびっくりして、とても嬉しかったです。

そして、先週の金曜日、
たまたま病院内でまたもやセカオピの先生とお会いしました。
私は息子を2人連れていました。
そして先生が次男坊をみて、はじめに言った一言
「雑音はどうだった? 大丈夫だった?」と。

そんな細かいことまで把握されているなんて・・・
びっくりすると同時に、すごく嬉しくって
今まであったことが一気に思い出されて
涙ぐんでしまいました。
先生に「もう、私、普段大丈夫なのに、先生の顔みると
泣けてきちゃう」なんて言っちゃって。

先生が「だって、色々あったものね。
地震もあってね」と。

そう、あの日私はこの病院で過ごしたんでしたっけ。
その時も気にかけて下さったのが
先生でした。

セカオピで先生と初めて会った時も、
不覚にも泣いてしまったんだっけ。

あー、私はこの先生に執刀はされなかったけど、
心の治療をしてもらっているんだな~と思いました。

そして、Pink Ringで2人もの先生に色々教えられ、
励ましてもらってます。
気付かされることが多くて、興味深い話が多くてとても勉強になります。

執刀してもらって、診察を受けている先生は
本音で話せて、話しているとどんどん前向きになれる。

出産でお世話になった先生、次男坊をみてくれる小児科の先生。

あー、私の先生は1人じゃないんだ、と気付きました。

まさしく、チーム医療!?
って、それは違うかな?

看護師さん達も、こちらの事情をふまえて話して下さるし、
チャイルドライフスペシャリストの方がいらっしゃったり、
ソーシャルワーカーの方に元気をもらったり!
医療以外の面でも、やっぱりセカオピのこの病院にして大正解でした。


これで入院費が安ければな~
差額ベッド台3万円は、二度と払わないぞ!
と強く心に決めている私に応援お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-11-13 14:51 | 病院選び
最新の記事
代筆 boo-koroについて
at 2013-03-09 00:40
お詫びと心からの感謝を
at 2013-01-08 09:00
再開後2クール終わって
at 2012-10-23 23:35
ひたすらに感謝を
at 2012-10-19 12:32
退院してきました!
at 2012-10-15 22:50
カテゴリ
メモ帳
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧