思いがけず「乳がん」になりました


2011年2月 33才の妊娠中にトリプルネガティブ乳がん発覚。1才3才息子達と、大型犬・うさぎと4人+2匹家族です。抗がん剤→出産→抗がん剤(腫瘍内出血)→手術→ホルモン治療→転移発覚→抗がん剤治療中。
by boo-koro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

病理結果「転移あり」再手術へ

13日、手術の病理結果でした。
手術時のセンチネルリンパ節+リンパ節検査では
「転移なし」でしたが、つかの間の夢も終わりました。


久々の診察はまともな挨拶も出来ないままに
「じゃ上半身脱いでね」とカーテンを閉められる。
カーテンを閉めると、脱ぎながら問診を受ける。
退院間際から続いた頭痛と、胸全体の
痛みを申告。
申告した痛みや胸の状態について先生から特に無いままに
触診も終わり服を着るように指示。
服を着ながらカーテンの向こうから先生が一言。

「今日はね~良くない話を1つしなきゃいけないんだ。」と。

「良くない話…」
カーテン越しにその先を聞く気にもなれず口を閉ざす。

「病理結果でリンパ節転移がみつかってしまったんだ。」

ま、良くない話って段階で覚悟しましたけどね。

「あちゃー」と私。

「予想してなかったでしょ」
「えぇ。ちっとも(笑)」

って笑ってる場合では無く、再手術となりました。
センチネルリンパ節以外にも複数のリンパ節を取って
手術中に調べましたが、見つからなかった病巣。
なのでホントに小さい小さい腫瘍みたいです。

手術中のセンチネルリンパ節検査では見つからなかったケース、
まれにあるみたいです。
そういった場合、術後抗がん剤でやっつけたり、
経過をよくみるだけで済ませたり、
放射線治療をして終わり
という例もあるとか。

ただ、私の場合は術前抗がん剤をやって転移。
となると他のリンパ節への転移も無いとは言えない。

再手術でリンパ節郭清か、
経過観測か、放射線治療か。
選択を迫られる。

リンパ節郭清でリンパ浮腫の懸念事項を質問したら、思いがけない回答が。
手術や何かしらの行為で出来た浮腫はマッサージなどで治るが
ガンで浮腫になるとそのままだとか。

ガン細胞が浮腫を巻き起こすの?
というか、そんな事聞いたら再手術した方が
余計な心配はいらないのでは…
と思うに決まってるではないか。

という訳で、またもや急きょ手術となりました。

一番早くて明後日と言われましたが、
麻酔科診察が受けられず断念。(先生が)
で26日に手術になりました。
肝心の腫瘍のことは聞く余裕もありませんでした。

「転移がない」の短い夢は覚めてしまいました。

エキスパンダーお水注入は見送ることに。
よって、まだ大きく動かせない左手。
次男坊をちゃんと抱っこ出来る日はいつになるのか。
リンパ節郭清したら、おんぶは出来ない?

妊娠期乳がんから始まり、腫瘍内出血と「まれに」が
頻繁に起きてる気がする。

なんでかな…
若年性、トリネガ、妊娠期、色々な数字が頭の中を
駆け巡る。

そんなところへ家族の裏切り…約束破りがあって
なおさら気落ちしています。
私がガン告知を受け抗がん剤、出産、手術と
難敵と戦っている間に。
私は逃げずに正面から向かってたのに。
他人からすれば、そんな事!かもしれないけど
私には超重大事件。

転移にこの件に、深い谷底に落ちた気分です。
寝ると大半は忘れるB型ですが、
これはさすがに。

そんな私をみてか、父親が珍しく
「気分転換に」とみんなで外食に。
すっかり食欲も失せた私ですが嬉しかったです。

手術まで少しずつ気分をあげていかなきゃ。
[PR]
by boo-koro | 2011-09-14 23:52 | 術後~病理結果
最新の記事
代筆 boo-koroについて
at 2013-03-09 00:40
お詫びと心からの感謝を
at 2013-01-08 09:00
再開後2クール終わって
at 2012-10-23 23:35
ひたすらに感謝を
at 2012-10-19 12:32
退院してきました!
at 2012-10-15 22:50
カテゴリ
メモ帳
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧