思いがけず「乳がん」になりました


2011年2月 33才の妊娠中にトリプルネガティブ乳がん発覚。1才3才息子達と、大型犬・うさぎと4人+2匹家族です。抗がん剤→出産→抗がん剤(腫瘍内出血)→手術→ホルモン治療→転移発覚→抗がん剤治療中。
by boo-koro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

生後15日で入院

次男坊、先週末まで入院してました。
そんなこんなで先週末までは、なかなかバタバタな日々を過ごしてました。

先週火曜日、昼過ぎの暑い中、母親が
「赤ちゃん何か暑くない!?」
と。
まさかー新生児は38℃以上の発熱があると即入院なんだからー
と検温したら、39℃台!

・・暑いせいかもしれない・・と、
涼しい部屋で昼寝をさせて様子をみるが、
38℃台を上下するだけ。
夕方、救急外来へ行き、案の定
即入院となりました。

当日、深夜までかけて尿・血液・髄液検査をし、
結果、問題なし、ということになりましたが
培養検査を重ね、その間は抗生物質の点滴で入院することに。
新生児は結果が安定するまで、確証がとれるまで
入院して様子をみるそうです。

3日後、培養検査の結果も問題無く無事に退院となりました。

赤ちゃんでこわいのは、熱からくる髄膜炎ですよね。
病院もそれを心配して髄液検査をしたようです。
何とも無くて一安心。

しかし、長男は1才まで発熱知らずだったのに、
次男坊は生後15日で発熱。
しかも、新生児は一般的に熱が出るハズが無いそうで・・・
そんな事言われたら、どうしたって考えちゃいます。

母乳で免疫力つけられてないから?
37wで早めに出産させたから?
妊娠中にいくはずの免疫力も、私が抗がん剤で免疫力落ちてたから不足?
何より抗がん剤の影響?

夜遅いのに思わずママ友にメールしてしまい
私がうった「へこむなぁ」の一言に
上にあげた心配点、全て否定してくれました(笑)
私は心配点は細かくあげてないのに、
言うまでも無いのね。
さすがです。

外来の先生、病棟の先生、看護士さん
沢山の方に、抗がん剤や母乳で無いことの影響を
聞いてみましたが、皆さん「へ?何それ?」って感じで
関連性を否定。

次男坊はたまたま風邪をもらったみたいです。
誰も風邪はひいてないけど・・って
毎朝咳きこんだり、微熱出してるビミョーなヤツがいました!
そう!0歳児はなるべく近づけたくない保育園児!!!
毎朝、晩、忘れずに「赤ちゃん〜」と引っ付いてますがな。
抗がん剤時も色々やってくれ、今回もか!?
さすが長男・・・

一瞬、抗がん剤との関連を考えへこみましたが
友人のツッコミや、別の病院(多摩小児医療センターというバカでかい病院です)の
医師達の言葉で浮上しました。

もちろん、生後15日の細い手に点滴や
髄液採取は痛々しい姿でしたが、
よく頑張りました。

ちなみに、熱は病院へ行って1時間くらいで下がりましたー
それでも念のためと検査をしただけなんですが
今思うと、長男からの風邪というより
暑かったんじゃないの!?なんて思ったり。
ま、いま元気だから言えること。
何とも無くてよかったよかった。
入院はもういいですよー
[PR]
by boo-koro | 2011-07-06 00:02 | 家族のこと
最新の記事
代筆 boo-koroについて
at 2013-03-09 00:40
お詫びと心からの感謝を
at 2013-01-08 09:00
再開後2クール終わって
at 2012-10-23 23:35
ひたすらに感謝を
at 2012-10-19 12:32
退院してきました!
at 2012-10-15 22:50
カテゴリ
メモ帳
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧