思いがけず「乳がん」になりました


2011年2月 33才の妊娠中にトリプルネガティブ乳がん発覚。1才3才息子達と、大型犬・うさぎと4人+2匹家族です。抗がん剤→出産→抗がん剤(腫瘍内出血)→手術→ホルモン治療→転移発覚→抗がん剤治療中。
by boo-koro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

授乳のこと その1

乳がん患者の出産。
もちろん、授乳は出来ません。

妊娠中に乳がんが分かり、はじめショックだったのは
「次男坊に母乳をあげられないこと」でした。
乳がんが進行する危険性があっても、授乳したい、
なんて思う位でした。

というのも、長男時は、完全母乳でした。
わたしのおっぱい、母乳のしこりが出来やすく、
いつも乳腺炎一歩手前で、それはそれは痛い思いの連続でした。
なので、食事も人一倍気を遣います。

それは、しこりが出来ないように、
という他に、やっぱり美味しい母乳を作るように、
と、カフェインや油ものには気を付け、
和食中心でした。

それでも、長男の吸う力が弱いからか、しこりが出来ては
冷やして冷やしての連続。
痛かったなー


そんな苦労をしても、次ももちろん母乳のつもりでした。
が、乳がん発覚。
あきらめるしかない。
当初、これは本当に辛かった。
今となれば、「そんな事より、早く治して元気になる!」
「少しでも長生きして成長を見守る!」という方が勝ちますが・・

今回の出産プラン、初乳だけで終わりの予定でした。
で、この「初乳だけ」、私自身ちょっと勘違いしてました。

初乳だけだから、生んだ当日~翌日くらいかな?
と思いきや、初乳は産後しばらく出るので
いつやめるかは、こちらに選択権があるみたい。

それなら1日でも長く…
でも、あげる期間が長ければ長い程、
乳腺が発達し腫瘍に影響が出るし。
何と言っても、簡単に断乳(とは言わない?)出来るとは限らないし、
それで退院後に通院なんてコリゴリだし。。
と悩む悩む。

そんなところへ、きっとこの件については慎重に考え、
デリケートな扱いをして下さった助産師さんが
改めて説明&意思の確認に登場。
それはそれは慎重に、そして何よりこちらの意向を汲んで
話をしてくれるので、私もすっかり当初の
「母乳をあげたかった」という気持ちに戻ってしまいました。

が、もちろんあげ続ける事は出来ないので、
ただその優しさに思わず泣けてくるだけなのですが・・・

入院1日目、バルーンを待つハゲ頭妊婦、
LDRで思わす看護師さんと一緒になって泣いてしまいました。
(って看護師さんは泣いてないか(^^;

母乳の行方はまた今度~


ランキング参加してみました♪

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-06-26 05:36 | 入院(出産)
最新の記事
代筆 boo-koroについて
at 2013-03-09 00:40
お詫びと心からの感謝を
at 2013-01-08 09:00
再開後2クール終わって
at 2012-10-23 23:35
ひたすらに感謝を
at 2012-10-19 12:32
退院してきました!
at 2012-10-15 22:50
カテゴリ
メモ帳
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧