思いがけず「乳がん」になりました


2011年2月 33才の妊娠中にトリプルネガティブ乳がん発覚。1才3才息子達と、大型犬・うさぎと4人+2匹家族です。抗がん剤→出産→抗がん剤(腫瘍内出血)→手術→ホルモン治療→転移発覚→抗がん剤治療中。
by boo-koro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おっぱい信仰

出産入院まで残り3週間をきったことだし、
抗がん剤の副作用も無くなっていることだし、
入院・出産準備そろそろ整えなければな~

現在、妊娠9ヵ月(34w2d)、
普通の妊婦さんですら、準備は整っている頃でしょう(^^;

何が恐ろしいって、2人目の適当さ・・余裕。
全て、どうにかなる、と思い込んでます。

で、思い腰をあげて、先週末に最低限必要なモノを
買いに行きました。

買ってきたのは・・・
・哺乳瓶の乳首
・粉ミルク
・おしゃぶり

え? これだけ??

哺乳瓶は、ママ友からもらったものを使用予定。
その他グッズは、長男のお下がり。
あまりにも可哀想すぎやしません?

夫も「洋服も少し買ったら?」と言うので、
見てはみるものの、
新生児なんて、どうせ一瞬で着れなくなるし、
長男のがあるし、
と思うと手が伸びない・・・

で、帰ってきて購入したものを眺め、
やっぱり長男のものばかり。

あーごめんね。お腹の赤ちゃん。

しかも、哺乳瓶やら乳首やら、粉ミルクを眺めては、
改めて、母乳で育てられないことを考える。

乳児子育ての世界って、「おっぱい(母乳)信仰」がものすごいんです。
長男の時も、連れて歩いていると、見知らぬおばさま方から、
何度「おっぱい? ミルク?」と聞かれたことか。

長男の時は完母(完全母乳…ミルクは一切与えないってことですね)だったので、
「おっぱいです」と答えてました。
一緒にいるママ友が、混合(母乳とミルク混合)や完ミだったりすると
答えるのが嫌だったと思います。
だって、そのおばさま達は決まって「やっぱりおっぱいよね~」とか
「あら!おっばいじゃないの?」なんて言うから。
「おっぱいはいいのよ~ おっぱいにはね・・・」なんて始まることもしばしば。

そんなこと、あなた以上にママは知ってます。
ほんと、余計なお世話!
と何度思ったことか。

でも、ママは強くて、
「あんな事言われる辛さより、
この子が元気に産まれてくれたことの嬉しさの方が
何倍も勝ってる。だから「あーそうですね」でいいんだよ」
と言ってました。

ホントすごいなぁ、といつも思ってました。


私もまた言われるだろうなぁ。
いっそのこと、「抗がん剤治療中なんで(^^♪」くらい
言ってやろうか、なんて性格の悪い事も考え中。

いや、通りすがりのおばさまに限らず、
健診や助産婦訪問やらで、「おっぱい信仰」に
遭遇する機会は山ほどあるでしょう。

まだ、私の中にも「おっぱいあげられなくて申し訳ない…」という
気持ちもあります。
いや、もちろんミルクにすることのメリットだって沢山あるんです。

まだまだ迷いがある私。こんなことじゃいけないなー。

そういや、夫が上司へ私の病気のことを報告した際、
とある、アラフォー、独身男性上司が発した一言。
「変な事聞いていい? それって赤ちゃんにおっぱいあげられないの?」と。
個性的なキャラで、ひょうひょうとした方なので、
独身のあなたが言う事、それ!? と、おおうけしたのを思い出しました。

そんなこと思い出したら、ちょっとは気が楽になったりして。
今でも十分強いけど、母は強し! で、治療中は周囲に甘える! で、
適当~にいかなきゃ、かかな?


ランキング参加してみました♪

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです♪♪
[PR]
by boo-koro | 2011-05-24 16:01 | 家族のこと
最新の記事
代筆 boo-koroについて
at 2013-03-09 00:40
お詫びと心からの感謝を
at 2013-01-08 09:00
再開後2クール終わって
at 2012-10-23 23:35
ひたすらに感謝を
at 2012-10-19 12:32
退院してきました!
at 2012-10-15 22:50
カテゴリ
メモ帳
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧