思いがけず「乳がん」になりました


2011年2月 33才の妊娠中にトリプルネガティブ乳がん発覚。1才3才息子達と、大型犬・うさぎと4人+2匹家族です。抗がん剤→出産→抗がん剤(腫瘍内出血)→手術→ホルモン治療→転移発覚→抗がん剤治療中。
by boo-koro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

抗がん剤投薬 1回目

検査結果だの、息子の水疱瘡だの
初っ端から、色々ありましたが、今日からいよいよ投薬です。

薬は『CAF療法』という、多剤併用療法です。
・アドリアシン(ドキソルビシン)
・エンドキサン(シクロフォスファミド)
・5-FU(フルオロウラシル)
の、3つを併用です。

オンコロジーセンターという、がん治療投薬専用っぽいエリアで
ゆったりと投薬します。

流れは…
①身長体重・血圧測定
②採血
③採血結果が出るまで、「生理食塩水」点滴
④採血結果と同時に医師診察
⑤「吐き気止め」投薬
⑥『抗がん剤』投薬
⑦「生理食塩水」点滴

まぁ、長い時間かかりますね。
3時間はかかったかな?
でも、リクライニングできるゆったりとした椅子に、
TV付き、毛布スリッパ付き、飲食可なので、
すご~くゆったりできます。
初回はカーテンで区切られた個室でした。

難点は、近くの方のTVリモコンで自分のTVも操作されてしまうことぐらい(笑)


投薬している最中も、特に気分が悪くなることはありませんでした。
少し気になったのは、アドリアシン投薬時に血管が痛くなることと、
鼻の奥が乾燥する等、粘膜不足を急に感じることくらいですね。
血管の痛みは、温タオルで解消されるし、
急激な鼻孔の痛みも、投薬時間だけなので十分我慢できました。

息子水疱瘡で、オンコロジーセンター中に波紋をなげかけたせいか、
看護師さんが色々気遣って下さいました。
色々お話しをしている中で、
こんな話を聞く事ができました!

「統計をとった訳でもなく、個人的な感想にすぎないんですが…
妊婦さんの抗がん剤投薬で、気持ち悪いという副作用はあまり聞かないんです。」と!!
なんと嬉しいことを!! 気休めでも十分嬉しいです~
妊婦で抗がん剤、その位楽したいですもんね。

あと、会社を休むことに抵抗があった私に
おそらく子持ちであろう看護師さんが
「上のお子さんがいて、抗がん剤治療をして…ってそれだけで十分大変よ。
保育園に預けられるのは、本当に良かったわね。
妊娠もしているんだし、仕事は休んで当たり前!」と。

嬉しいですねぇ。

そんな楽な気持ちで投薬を無事に済ませ、
オンコロジーセンター前で待っていた、夫&水疱瘡息子と合流。
副作用止めの薬を院外薬局でもらい、帰途へ。

いやー、水疱瘡騒動、転移結果、投薬と、
さすがに疲れました~
[PR]
by boo-koro | 2011-02-21 23:06 | 抗がん剤① CAF
最新の記事
代筆 boo-koroについて
at 2013-03-09 00:40
お詫びと心からの感謝を
at 2013-01-08 09:00
再開後2クール終わって
at 2012-10-23 23:35
ひたすらに感謝を
at 2012-10-19 12:32
退院してきました!
at 2012-10-15 22:50
カテゴリ
メモ帳
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧