思いがけず「乳がん」になりました


2011年2月 33才の妊娠中にトリプルネガティブ乳がん発覚。1才3才息子達と、大型犬・うさぎと4人+2匹家族です。抗がん剤→出産→抗がん剤(腫瘍内出血)→手術→ホルモン治療→転移発覚→抗がん剤治療中。
by boo-koro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

S国際病院 治療方針

いよいよのセカオピの日。

緊張しながら診察室へ入ると、そこには
優しそうな女医さん。
丁寧に話を聞いて下さり、一言。
「大変だったね。びっくりしたわね。
でも、もう安心していいのよ。」と。

今回、乳がんについて自ら話をして
不覚にも夫の前で泣いたのは初でした。
この不安を分かってくれる人がきちんといるんだ、と。
もちろん、夫も親もみんな分かってくれているんだろうけど、
他の人から、しかも医療関係者から言われて、
思わず涙してしまいました。


セカオピながらも、会社関係だったからか?
症例が症例だったからか?
その場で即決めだったからか?
すぐに、各担当医と連絡&診療予約。検査予約。
すのスピーディーさにただただ驚きました。
S国際ってそんなこじんまりとした病院だった??
と思いつつ、診察室の壁をみると…
ブレストセンター長○○って…
今見て下さっている先生は、センター長だったんですね!
そんな事も知らずにお話ししてました。


肝心の治療方針としては、

術前抗がん剤投薬→出産→手術→術後抗がん剤

でした。

もちろん、妊娠中抗がん剤の不安はあります。
しかし、その部分は過去の事例、アメリカでの実績、日本での実績
リスク、全て詳しく聞かせて下さいました。
聞いているうちに、J大学病院通院時に思った不安は軽減されてました。
もう、改めて確認するまでもなく、
夫とその場でS国際病院でお世話になることに決め、
午後には産科医の診察を受けました。
合間には、レントゲン・採血・尿・心電図検査。
てんこもりです。
それだけ、抗がん剤投薬を急ぎたいようです。

産科医も、妊娠中乳がん患者の経験が多数あるようで、
詳しく丁寧に、そのリスクも全て話して下さいました。
正直、そこまで話すんだ、と驚くくらい。
そのリスクはまた改めて書きたいと思います。

とにかく、この病院にお世話になることを決めました。
有名な病院だから、実績があるから、もちろんそれも否定しませんが、
何より、信頼出来そうな先生が多くいらっしゃいました。
安心してお任せ出来ると思ったのです。


…治療方針に関係はありませんが、医師同士の会話の中で
「トリプルネガティブ」という言葉が出てきました。
ん? 初めて聞きますが??
[PR]
by boo-koro | 2011-02-10 22:55 | 病院選び
最新の記事
代筆 boo-koroについて
at 2013-03-09 00:40
お詫びと心からの感謝を
at 2013-01-08 09:00
再開後2クール終わって
at 2012-10-23 23:35
ひたすらに感謝を
at 2012-10-19 12:32
退院してきました!
at 2012-10-15 22:50
カテゴリ
メモ帳
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧