思いがけず「乳がん」になりました


2011年2月 33才の妊娠中にトリプルネガティブ乳がん発覚。1才3才息子達と、大型犬・うさぎと4人+2匹家族です。抗がん剤→出産→抗がん剤(腫瘍内出血)→手術→ホルモン治療→転移発覚→抗がん剤治療中。
by boo-koro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

初 乳腺科

初めての乳腺科受診。

見覚えのある部屋。
ここは、赤ちゃんの1ヵ月後健診や、BCGをやった
あのお部屋ですね。

周囲は、旦那さんやお母さんと来ている人ばかりの中、
1人、泣いてばかりの長男を抱え、私が泣きたい気持ちになったあの部屋。
あれから、もう1年以上経つかー


週一しかやってない乳腺科だから、他院の先生なんでしょうね。
で、特設室的なこのお部屋か、と納得。
その割に、入ってすぐ着替えさせられ、
超音波検査。
(妊婦ですから、超音波しか出来ません)

初めてなので、全く様子が分かりません。
でも、モニターに『黒い影』がはっきりうつっているのは分かります。
そりゃ、自覚症状あってのしこりだからね。
衝撃は受けなかったけど。

初めての胸の超音波。
あんまり気持ちの良いものじゃないですね。
で、すぐに都心のJ大学病院を紹介する旨、伝えられる。
まだ超音波エコー中なのに。
しかもすっごい待つらしい。

超音波後、別の先生が触診。
あ、そっか、さっきの人は「技師さん」なのかな?
でも、触診して、技師さんが言ったのと同じように
J大学病院紹介について説明。

この時、まだ、「どうせ良性なのに、どんだけ時間かかるんだか」
ぐらいにしか思ってませんでした。
それと、「会社休みになってばかりで申し訳ないなぁ」と。

診察室を出る時、先生が「大丈夫だからね」と笑顔。
あ、大丈夫なんだ。
と素直に受け止め。

いや、今思えば、気休め励ましのお言葉だったんですね。
ある程度は分かっていたんだろうなぁ。
[PR]
by boo-koro | 2011-01-13 03:08 | 告知まで
最新の記事
代筆 boo-koroについて
at 2013-03-09 00:40
お詫びと心からの感謝を
at 2013-01-08 09:00
再開後2クール終わって
at 2012-10-23 23:35
ひたすらに感謝を
at 2012-10-19 12:32
退院してきました!
at 2012-10-15 22:50
カテゴリ
メモ帳
フォロー中のブログ
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧